ED治療薬のジェネリックに不安を感じることはない!

薬とケースを持っている男性

ED治療は保険適用されない治療ですので、薬の価格はやや高めに設定されています。
しかもED治療薬は飲んで入るときのみの効果ですので、正常な性生活を続けていくためには継続して薬を購入していかなくてはいけません。

できれば薬はより安く購入したいと考える人も多いのではないでしょうか。
治療費を安く抑える方法としては、同じ有効成分でありながら安く提供されているジェネリックを選ぶという方法があります。
ジェネリックでは効き目が不安と感じる方もあるかもしれませんが、すでに有効成分や製法がわかっていることもありその分余計な研究費なども必要なく安く提供できる薬になっています。
なので低価格だからといって決して薬が劣っているわけではありません。

ゼネグラ100mgも注目されている薬で、個人輸入などで購入している人も多くなっています。
ゼネグラ100mgは有効成分はクエン酸シルデナフィルとなっており、これは最初に登場したED治療薬であるバイアグラのジェネリック的な医薬品です。
バイアグラと同じように陰茎の海綿体に十分な血流を得られるようになりますので、正常な勃起が得やすくなります。

ゼネグラ100mgはバイアグラと同じ成分でありながらより安く購入できるのが魅力ですが、副作用も同じようにありますので、特徴や使い方はよく理解しておきましょう。
そして、国内で提供されているバイアグラは25mg、50mgですのでゼネグラ100mgはそのまま飲んでしまうと強すぎるので注意しましょう。

ピルカッターも用意しておき、半分や4分の1にカットしてまずは少量から試してみると良いでしょう。
服用は1日1回、バイアグラと同じように性行為の1時間ほど前に服用しておきます。